ベランダ庭話

アジサイが咲きました

いよいよ梅雨ですねー当地ではまだ宣言は出されていませんが、ぐずつき気味のお天気が続いています。梅雨時の花といえば、アジサイ。雨に打たれてもほかの花のようにべとーっとなってしまうことがなく、葉もいきいき...
買ってよかった!なものたち

買ってよかった!ツール部門

ここでは、園芸歴結構ある年の私が使ってみてこれはよかったと実感した園芸用品についてレビューしています。価格的にやや求めやすく、とくにガーデニングを始めたばかりの方には、ガーデニングにますますはまる近道...
ベランダ庭話

クレマチスの根を切ってはいけないというので(完結)

下にむかって新しい記事が追加されています。目次のリンクから目的の日付に移動することができます。 まえがき 「クレマチスの根は切ってはいけない」ようです。 なので、 切ってみました。 読者様心の声(前か...
薔薇

2023年春のバラ12:クロード・モネ

昨シーズンは小苗ながらシーズン中ぽつぽつ咲き続けてくれたありがたいバラ。この春は元気な枝が数本のび、つぼみが房になってあがりました。 ハイブリッドティーのようなつぼみが三日後にはボール状になって開きだ...
薔薇

2023年春のバラ11:トロイメライ

栽培一年目です。元気に伸びて一年目にしては多めのつぼみがついたので、半分ほどに減らしました。病気にもかかりにくいようです。 咲き始めは白花、縁にピンクが乗っています。この姿も目を引きます。 我が家の最...
ベランダ庭話

5月下旬の花たち

ベロニカ・クレイターレイクブルー こちらのベロニカさんもまぁ~、鮮やかな青です。今シーズンは3種類のベロニカを植えました。草姿や花形、花色も少しずつ違っていてそれぞれが美しかったです。全くといっていい...
薔薇

2023年春のバラ10:ラリ・デ・ガゼル

はじめての開花です。葉にはうどん粉病が出ました。ブラインド枝が半分ほど。花数は少ないですが、大輪です。鼻を近づけてみました。品種説明通り、上品に淡く香ります。 5月29日 オレンジ茶のつぼみがひらくと...
薔薇

バラが咲いています

ザ・ピルグリム / エグランタイン / マダム・エルネスト・カルバ / ラリ・デ・ガゼル / イモータル・ジュノー2003 / メイド・マリオン / クロード・モネ
薔薇

2023年春のバラ9:メイド・マリオン

昨シーズンから栽培をはじめ、二回目の春を迎えました。イングリッシュローズは大苗の植え付けから三年ほどは生育がしぶいといいますか、本来のパフォーマンスを出しづらいように感じています。この品種も昨年の花後...
薔薇

2023年のバラ8:エグランタイン、ザ・ピルグリム

エグランタイン つぼみの数を調節したら今年は大きな花になりました。 真上から。すこし乱れた花姿です。 5月27日 6月2日 ザ・ピルグリム 雨に濡れてしまいました 数日かかってひらいた蕾は大輪でした。...
薔薇

2023年のバラ7:イモータルジュノー2003

昨シーズンは当ベランダでの開花一番乗り、5月中旬ごろから咲き始めました。今年はベランダの植物全体の生育が2週間ほど早いように思っていましたが、イモータルジュノーは今年も昨年と同じ時期に開花を迎えました...
薔薇

2023年のバラ6:ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ

いろいろ手を尽くしましたがクロロシスが治らないままでした。蕾はたくさんあがったものの、うどん粉病にかかる率が高く、苦戦しました。 ヴィレッジメイドとはまた違った縞模様の入り具合ですね。 大好きな縞模様...
薔薇

2023年春のバラ5:ブルーグラビティ

今シーズンの新入りさんです。いわゆる「青いばら」といわれる灰紫色系のバラは、生育が弱く病気にも弱い、なんというか、虚弱・・・いや箱入りか、とにかく私の杜撰な管理ではご機嫌麗しくない、そんな印象があった...
薔薇

2023春のバラ4:マダムエルネストカルバ

春の開花を見るのはなんと2008年以来!当時の株は病気でもないのに葉が謎にちぢれてしまう症状に悩まされた末生育不良で枯らしてしまいました。入手したナーセリーに問い合わせるも「正常」とのことでした。もし...
球根植物

イングリッシュブルーべル・・・かも!

タイトルを変更し、記事も大幅に改変いたしました。見解の変化を見出しにしました。 まえがき:イングリッシュブルーベルはなかなか手に入らない 現在、イングリッシュブルーベル(Hyacinthoides n...
薔薇

2023年春のバラ3:ヴィレッジメイド

長い間あこがれ続けたバラがとうとう手元で開花してくれます! 5月13日 せっかく開きかけたつぼみが大荒れの風雨にさらされてかわいそうでした。待望の一輪目がなんとか開きました。 5月15日 このくらいで...
薔薇

2023年春のバラ2:デスデモーナ

昨シーズンのびのびと育っていたデスデモーナ。今シーズンも元気にのびて、スミズパリッシュにつづく二番目の開花となりました。 5月9日 5月10日。咲き始め 一時間半後にはここまで開きました 大きくなった...
ベランダ庭話

5月中旬の花たち

中旬というには少々早いのですが、5月は気温が上がりだすからか一週間ほどで見られる花が入れ替わりますのであげちゃいます。4月に咲き始めた花が終盤になり、デルフィニウムは満開、バラと開花時期がそろう花が咲...